累進眼鏡科学研究所の事業概要

;

あるべき姿


価値のある眼鏡店とは

  •  眼鏡店は、ご来店されたお客様から「来て良かった」、「相談して良かった」、「購入
     して良かった」といった満足感、安心感そして信頼感を獲得することが最も大切なこと
     で、それが、その地域になくてはならない価値ある眼鏡店であると考えます。
  •  眼鏡店は、昔から半医半商のビジネスであります。従って、そこには、眼鏡店を支える
     ために必要な価値ある眼鏡士(眼鏡店の顔)がいなければなりません。

価値ある眼鏡士とは

  •  高度かつ先進的な眼鏡調製技術と専門知識を習得していること(専門力)
  •  お客様に対して、専門的なアドバイスができること(コミュニケーション力)


  地域のビジョンケアを支える眼鏡店(地域密着型の眼鏡店)が、その地域で成長していくた
 めには、価値ある眼鏡士を育成することが重要です。眼鏡学校では、眼鏡技術者としての基本
 や体系を学ぶことはできます。しかしながら、それだけでは価値ある眼鏡士とは言えません。
 価値ある眼鏡士になるためには、眼鏡学校で学んだことをベースとして、そこから、日々の努
 力によって、専門力とコミュニケーション力をブラッシュアップしていく必要があります。


  累進眼鏡科学研究所は、価値ある眼鏡士を育成する為の支援をすることで価値ある眼鏡店
 育てたいと考えています。換言すれば、価値ある眼鏡士のいる眼鏡店が、価値ある眼鏡店と言
 うことです。そのための事業を積極的に推進していきたいと考えています。


累進眼鏡科学研究所の3つの支援事業について

  •  当研究所では、眼鏡小売店様、眼鏡チェーン店様、眼鏡代理店様、眼鏡メーカー様に対
     する技術支援やノウハウの提供を行っています。具体的には、累進眼鏡を軸にした教育
     支援、ビジネス支援そして開発支援の3つの事業を展開しています。

    画像の説明

教育支援事業

  •  個別の眼鏡店様に対する実践的な勉強会
  •  専門知識の幅を広げるための講習会および講演会
  •  眼鏡教育コンサルタント(眼鏡教育アドバイザー)

ビジネス支援事業

  •  戦略的パートナーシップの推進
  •  次世代眼鏡ビジネスモデルの推進
  •  眼鏡ビジネスコンサルタント(眼鏡ビジネスアドバイザー)

開発支援事業

  •  次世代眼鏡調製システムのためのノウハウおよび知的財産の提案
  •  累進眼鏡に対する眼鏡調整ツールの開発支援
  •  眼鏡技術開発コンサルタント(眼鏡技術開発アドバイザー)


以上です。宜しくお願い申し上げます。

a:973 t:1 y:0